就職活動の準備

私費でいらっしゃる方の多くが就職活動をすることになると思いますが、1 年生の場合、秋学期が始まってすぐサマージョブに向けての活動が始まります。勉強をしながら就職活動にもかなりのエネルギーを割く必要があるので、日本にいる間に自分がサマーあるいはパーマネントで何をしたいのか、を改めてじっくり考えておくことをお勧めします。

スローンでは、11 月下旬にレジュメ送付、1 月下旬からインタビュー開始という規定があり、アメリカ・ヨーロッパ・non-Japan アジアの学生の採用はこのスケジュールにもとづいて行われます。しかし、日本人学生の採用活動だけはこれとは別枠で行われるケースが多く、早ければ10 月以降にもインタビューが始まります。したがって、学校でレジュメの書き方やインタビューの練習などの機会を与えてくれるより前に、インタビューに臨まなくてはならないばかりか、NY や東京で最終面接を行う会社もあり、授業を休まなくてはならないことになります。

一方で、日本人学生の場合就職活動を行う学生が比較的少なく、他国の学生と比べると容易にオファーをもらうことができるという利点もあります。いずれにせよ、他の学生が就職活動を始めていない時期に、日常のチーム・ミーティングや予習・復習をしながら就職活動の時間を確保するのはかなりの負担になるので、覚悟が必要です。

スローンに来る前にやっておきたいこと

全ての東京オフィスがボストンやNYでプレゼンをするわけではないので、興味のある会社の所在地、電話番号、人事部長名などをリストにしておくとよいでしょう。すでに業種や会社の志望がはっきりしているのであれば、引越前からアプローチを始めておくと、自分をアピールできるだけでなく、学校が始まった後にリクルーティングの状況やスケジュールを聞くことができて便利です。

秋学期の準備

秋学期開始直後、9 月前半はクラブ勧誘が行われます。Finance やConsulting、VC、Marketing、Media & Technology、Asian Business Club などの各プロフェッショナルクラブはメンバー向けにセミナーや講演、レジュメ添削、モックインタビューなどを行うので、情報交換のためにも、興味ある業種のクラブに入会することになるでしょう。

9 月後半から間もなく、徐々に会社説明会などが始まるので、リクルートスーツの用意が必要です。”Resume Book”に掲載するレジュメの提出日も秋学期中ですので、これを逃さないようにしましょう。この”ResumeBook“を見たリクルーターから直接連絡があり、インタビューのオファーを頂ける場合もありますので、自分の希望職種に焦点を合わせたレジュメ作りが肝要となります。”Resume Book“へのレジュメ提出日の直前の週には、グループ単位でCDO(Sloan の就職部)の担当者からレジュメ添削指導を無料で受けられる機会もありますので活用されるとよいでしょう。なお、Sloan のオフィシャルなものだけでなく、Asian Business Club、Consulting やVC などの各クラブも独自のResume book を発行します。

広告