教授陣

MIT Sloanは、世界に誇る強力な教授陣を擁しています。ここでは、その中でも代表的な「Sloanの看板教授」たちをご紹介します。

代替

Lester C. Thurow代替

スローンを代表する経済学者の一人。1987年から1993年までスローンの学部長を務めました。「Building Wealth」、「The Future of Capitalism」、「The Zero-Sum Solution」等の著書で有名ですが、「Japan’s Economic Recovery(邦題:日本は必ず復活する)」 など日本の研究にも熱心な教授です。最近は、急速に広がるナレッジ・ベース経済を中心に研究を進めています。

代替
MIT Sloan Expertise Guide

Richard L. Schmalensee代替

スローンの前学部長。経済学者としても非常に高名で、ブッシュ大統領の経済諮問委員会の元メンバーでもあります。規制、反トラスト法、環境政策に関連した産業経済学分野のエキスパートです。

Robert S. Pindyck代替

ミクロ経済学や産業経済学を幅広く研究しています。特に、オプション理論をミクロ経済学に応用し、不確実性の高い環境における各主体の合理的意思決定等について研究をおこなっています。代表的な著書としては、「Microeconomics」や「Investment Under Uncertainty」が挙げられます。

Stewart C. Myers代替

コーポレート・ファイナンスのバイブルともいえる「Principle of Corporate Finance」の著者です。ブラック・ショールズ・モデルが発表されてから、わずか数年後の1977年にリアル・オプションの概念を提唱した人物としても非常に有名な教授です。リアル・オプション無しにコーポレート・ファイナンスを語ることのできない今日において、文字通り不動の地位を確立しています。

Stephen A. Ross代替

上述「Principle of Corporate Finance」に並ぶ名著「Corporate Finance」の著者の一人です。コーポレート・ファイナンス、投資、オプション等幅広く研究していますが、おそらくArbitrage Pricing Theory(APT)を提唱した人物として、最も良く知られているのではないでしょうか。理論を実務へ応用することにも非常に熱心で、Roll and Ross Asset Management Corp.をたちあげ、約30億ドルを世界中で運用しています。

John C. Cox代替

オプション分野の権威で、彼の著書「Option Markets」は、投資銀行や運用関連分野で働く方は一度は開いたことがある本ではないでしょうか。オプション分野では欠かすことのできないバイノミナル・モデルを1979年に提唱した人物でもあります(Stephen A. Rossも提唱者の一人)。

Andrew W. Lo代替

金融工学分野の権威で、スローンのLaboratory for Financial Engineeringのディレクターでもあります。著書や論文も数多く発表しており、代表的なものとしては、「A Non-Random Walk Down Wall Street」や「The Econometrics of Financial Markets」等が挙げられます。

Kristin J. Forbes代替

国際金融や開発経済における政治関連問題を中心に実証研究をおこなっています。2003年の世界経済フォーラムでは、「Global Leaders for Tomorrow」の一人として表彰されています。2005年秋学期までは大統領経済諮問委員会の委員を務めており、スローンでは教鞭をとっていませんでしたが、2006年春学期からは15.014 Applied Macro and International Economicsを担当予定です。

Michael A. Cusmano代替

ソフトウェア産業における戦略やテクノロジー・マネジメントの第一人者です。マイクロソフトの反トラスト訴訟時に、アグレッシブに活動をしたことでも知られています。また、日本の産業界についても大変詳しく、東京大学へ留学した後、東京大学と一橋大学で客員教授として計7年間日本で研究をしています。2003年9月にジャパン・クラブが主催したジャパン・セミナーでも、特別スピーカーとして熱弁を奮っていただきました。

Peter M. Senge代替

ラーニング・オーガナイゼーションの5原則を提唱し、組織の学習能力を競争優位を獲得する上での重要要素と位置づけたことで有名な教授です。
ビジネス・ウィーク誌(2001年)は、同教授を10大マネジメント・グルの一人として評価しています。

Kenneth P. Morse代替

MIT Entrepreneurship Centerのマネージング・ディレクター。 1982年に独立した後、MIT関連のハイテク企業6社(3Com、アスペンテック、バイオテク等)のスタータップに携わり、大成功を収めました。その経験をベースに、1996年よりスローンにて企業関連の指導をおこなっています。

John Sterman代替

システム・ダイナミクスの権威であり、「ビア・ゲーム」や「マネジメント・フライト・シミュレーター」の開発者としても世界的に有名な教授です。組織における複雑な問題に対して、フライト・シミュレーターを活用しながら、長期的視点でパフォーマンスを改善することを追及しています。