100K Entrepreneurship Competition

全米最大と言われるビジネスプランコンテストです。合計$100Kが賞金として支払われることから、「100K」と呼ばれています。2005年までは「50K」と呼ばれていましたが、2006年からは賞金が倍増され100Kとなりました。

プロのベンチャーキャピタリストや投資家が審査員として参加するため、例年非常にレベルの高い戦いが繰り広げられます。そのまま本当に起業して、大成功を収めている例も少なくありません。

代替
2003年度の優勝者 “Smart Cells”

スケジュール

100K Competition は、以下の通り2段階に分けて行われます。

Step 1

概要 期間
$1K キックオフ 9 月上旬
エグゼクティブ・サマリー締切 11 月中旬
$1K Award 表彰式 12 月上旬

Step 2

概要 期間
$100K キックオフ 2 月上旬
エグゼクティブ・サマリー締切 2 月下旬
セミファイナリスト選出 3 月上旬
ビジネスプラン締切 4 月中旬
ファイナリストによる審査員へのプレゼンテーション 4 月下旬
$100K Final Award 表彰式 5 月上旬

代替え
MIT 100K Official Site

主な卒業生たち

名前 概要
Firefly (1995) Webマーケティング技術の先駆け。主にPassport というパーソナライズサービスを提供していたが、1998年にMicrosoft に買収され、Microsoft Passport となった。
DirectHit (1998) インターネット検索エンジンを開発。1999 年、Askjeevs に買収された。
Akamai (1998) インターネットコンテンツの高速配信をはじめとする、インフラストラクチャ関連のサービスを提供中。これだけの大成功にもかかわらず、50K では勝っていない(Finalist 止まり)。