Trip

通常の授業の一環として位置づけられており、クラス・ディスカッション、リサーチ並びに研修ツアー(トリップ)を通じて、海外市場・企業の理解を深めることを目的としています。当然ながら、このトリップで獲得した単位(3単位)は、卒業に必要な単位数に算入することができます。

2003年度は、日本、インド及びブラジルの3ヶ国が公認トリップとして認められました。参加者は原則として30名を上限としており、担当教授や訪問企業経営陣との密なディスカッションを通じて、対象国の理解を深めると共に、同級生との一生ものの友情を育む機会に恵まれます。

代替