筆記試験

運転免許取得の第一歩は筆記試験です。以下、手順を簡単にご紹介します。

試験会場

筆記試験は、最寄の陸運局 (Registry of Motor Vehicles, 略称 RMV) で受験します。事前アポイントは必要ありません。

ボストン近郊の RMV は以下の 2 箇所です。

550 Arsenal St., Watertown (Watertown Mall)
617-351-4500
Drive
Mon-Fri 8:30am-5pm; Thu 8:30am-7pm

630 Washington St., Boston (Chinatown)
617-351-4500
Chinatown (Orange Line)
Mon-Fri 8:30am-5pm; Thu 8:30am-7pm

必要書類

以下のものをすべて揃えてください。

書類 備考
License Application RMV にあります。
SSN (Social Security Number)
カード
SSN を持っていない方は、Social Security Office でSSN のDenial Letter(SSN を持つ資格がないという内容のもの)をもらえば受験できます。詳しくは SSN のページへ。
パスポート
住所が証明できる書面 2 種類 銀行小切手、電気・電話・ガスの明細等
国際免許証+日本の免許証 日本で免許証を取得していた方のみ
受験費用 $30 (2004 年 1 月現在)
不合格だった場合は払い直しです。


Application は PDF ファイルとしてダウンロードもできるのですが、印刷して持って行っても実際には使えませんでした(備え付けの用紙に書き直させられた)。とはいえ、記入項目の事前調査程度には使えます。

内容

日本での筆記試験に比べると、問題は極めて簡単です。前述のDriver’s Manual にざっと目を通しておけばまず大丈夫です。

英語・日本語どちらでも受けることが出来ます。英語はディスプレーに向ってコンピュータが出す質問に答えていきます。20 問中14 問以上が合格で14問正解した時点で終了します。

しかし、日本語試験のほうがはるかに簡単なので、お薦めです。日本語試験はペーパーテストで、パターンが限られている(おそらく 1 種類)ため、出る問題がほぼ決まっています。7 割正解すれば合格です。前述した DrKazu.com の内容を熟読していれば、まず間違いなく合格できます。ただし、模範解答の中に法改正を反映していないものがありますので、最新のManual で確認してください。

仮免許証の発行

合格すると写真をその場で撮り、Learner’s Permit (仮免許証)を発行してもらいます。