交流プログラム

MIT では、家族ぐるみでの交際を目的としたホストファミリー制度や、英語/日本語会話パートナーの紹介を行っています。

ホストファミリー

International Student Office, MIT Room 5-133
Tel: 617-253-4862; Fax: 617-258-5483
Mon-Fri 9am-4pm (Except Wed 10am-11:30am)

International Student Office (ISO) が、ホストファミリーを紹介してくれます。ただ当然のことながら、こちらでホストファミリーを選ぶことが出来ないので、要求水準の高い(例えば、交流頻度の高い)パートナーに当たると大変かもしれません。

ISO のコーディネーターは、子どもの年齢や人数などが出来るだけ同じような家族構成のホストファミリーを探すように努力してくれているようです。申し込みは早めの方がよさそうです(昨年は合格書類の中に申込書が入っていました)。また、Thanksgiving dinner のみのホストファミリー制度もあります。


我々のホストファミリーは、旦那さんが MIT 出身のセールスマンで、奥さんが Harvard Medical School の小児科医です。こちらが忙しいということをよく認識してくれており、頻繁に交流する訳ではありませんが、食事をしたり、コンサートに行ったり、等しています。アメリカの実家庭と交流するには非常に良い制度だと思います。


私の場合、合格書類に入っている書類で申し込みをしたら、8 月の末に「ホストファミリーが決まった」という連絡が来ました(「娘がいるので、お子さんのいる家がいい」とリクエストしたところ、小学生の2人の娘さんがいるご家庭を紹介してくれました)。その後9月中旬に開催された「Welcome Picnic & BBQ Party」で初顔合わせをしました。その後、Thanksgiving にお家に呼んでくれました。(我が家にも近くに来た折に寄ってくれました)。

Language Conversation Exchange

MIT Medical, Room E23-230
617-253-1614
Mon-Fri 8:30am-5pm

MIT Medical が、Language Conversation Exchange Partner を紹介してくれます。その気になれば、英会話以上に得るものがあると思います。


私のパートナーは、Massachusetts General Hospital で内科医をしている方です。普段は週に 2 回、電話で英会話と日本語会話の練習をしています。休みになれば、家族で一緒に食事に行ったり、テニスをしたり、お互いの家を訪問したりして、あたかもホストファミリーのような家族ぐるみのお付き合いをしています。妻のパートナーは、MITの1 年生の女子学生です。主に週末に MIT の近くで会って会話の練習をしています。たまにうちに来て、子どもと遊んだり、食事を一緒に食べたりもしています。


私の妻のパートナーは MIT の 2 年生の女子学生で、ほぼ週に 1 度 MIT のカフェで会話を楽しんでいます。私も時折会話に混ぜてもらいますが、彼女の専攻は古代海洋生物学で、スローンと全く異なるジャンルの会話は非常に刺激的です。

広告