クレジットカード

アメリカでは、クレジットカードがないとホテルやチケットの予約のときに不便です。

日常生活に使うだけであれば、銀行のデビットカードでも十分です。また、為替リスクを気にしなければ円建てクレジットカードでもよいかもしれませんが、ドルで生活しているので感覚的にマッチングしない上、オンラインでPC など高額の買い物をする場合はインターナショナルカードを受け付けてもらえない場合もあります。ドル建のカードを1 枚持っていると便利でしょう。

しかし、ドル建てのカードをアメリカで作る場合、身分が学生で、しかもクレジットヒストリーがないということで、審査を通らない場合もあります。そこで、日本における信用で作れるカードを以下にご紹介します(なお、DCカードが Union Bank of California と提携して発行していた「DC メンバーズカード」は、2003年3月31日をもって新規受付を終了したそうです)。

Premio Card

1-800-947-2030  (アメリカ)
03-5354-7810 (日本)
Mon-Fri 7am-5pm (アメリカ・西部時間)
Mon-Fri 9am-5:30pm  (日本)
$70 (JAL ファミリークラブ・プレミオカード)
$35 無料 (プレミオカード)

アメリカのCitibank(2005年6月まで) InfiBank・First National Bank of Omaha(2005年7月から)と提携しており、日本での信用情報を元に、ドル決済のマスターカードを発行してくれます。JAL マイレージバンクと提携しているJAL ファミリークラブ・プレミオカードと、通常のプレミオカードの2種類があります。JAL のほうは$1 利用毎に1 マイルがためられます(ただし、JAL ファミリークラブ(年会費$30)への入会が必要条件です)。日本にいる間に審査をし、米国到着後にすぐに送付してもらうことが可能です。
2005年7月よりプレミオカード・JALファミリークラブ・プレミオカードの発行銀行が変更になります。プレミオカードの新発行銀行はInfiBank、JALファミリークラブ・プレミオカードの新発行銀行はFirst National Bank of Omaha(FNBO)になります。


2004年8月1日以降に申し込んだ場合、通常のプレミオカードは年会費が無料になるそうです(JAL ファミリークラブプレミオカードは従来どおり)。


4/24 に、Webサイト経由で JAL ファミリークラブ・プレミオカードを申し込みました。4/28にメールで本人確認の依頼が来たので、こちらから電話をかけ、その際に出国予定日(6/12)と現地住所を伝えました。カードは日本国内で受領することはできないので、6/12 までに届くよう発送すると言われ、電話を切りました。
ところが、実際に 6/12 に現地入りしても、待てど暮らせどカードが来ません。痺れを切らして問い合わせてみると、「発行元である Citibank 側の手違い」とのこと。再度発送手続をするので2 週間待てと言われてしまいました。生活の立ち上げ時期にカードが使えないのは非常に困ると訴えたところ、宅配便で急送してもらうことができ、事なきを得ました。

カードの受付元と発行元が違うことから、こうした行き違いは往々にして起こるそうです。皆さんも、不審点があったらすぐに確認することをお薦めします。

American Express

1-800-327-2177  (アメリカ)
0120-020120 または 03-3220-6100 (日本)
$65 (Rewards Green Card)

American Express の場合、日本のカスタマーサービスに電話して米国発行のカードに切り替えたい旨を伝えれば、その場で手続きは完了します(アメリカのアメックスには連絡する必要なし)。1週間くらいでアメリカの Amex から新しいドル建てのカードが送られてきます。

ただし、以下の通り切り替えに必要な条件が3つあります。

  • 米国の銀行に口座を持っていること
  • 日本発行カードの残高が0であること(全額支払済)
  • アメリカ国内にある会社に勤務していること

3番目の問題については、アメリカにオフィスがある企業から派遣されている方なら、そちらの連絡先を知らせることでクリアできます。

日本で支払った年会費は日割り精算で返金され、新たに米国会員としての会費を支払うことになります。


日本の年会費は戻ってこなかったように記憶しています。念のためカスタマーサービスに確認することをお薦めします(KM, LFM’05)。