I-20

I-20 とは、”Certificate of Student Status” (日本語では『入学許可証』と呼ばれていますが)のことです。学生ビザ(F-1ビザ)を取得するには、まずこの書類をMITから(サマースクールに行く場合はサマースクールから)送ってもらう必要があります。尚、

さらに、晴れてビザを取得した後も、この書類とは卒業までずっと深いお付き合いをしなければなりません(F-1ビザは、I-20とセットで初めて有効と見なされるからです)。在学中に海外旅行に行く際もパスポートと一緒に持って行かなければならないほか、出国前にはMITの担当者に裏書きをしてもらわなければならないなど、我々留学生にとっては極めて 厄介な 重要な書類です。


I-20


I-20 (拡大図)

申請方法

【サマースクールに参加する場合はこちら

MIT International Students Office (ISO)
MIT Room 5-133
671-253-3795
Mon-Fri 9am-4pm (Except Wed 10am-11:30am)
上記 ISO に連絡して、I-20 の送付を依頼してください。放っておいてもそのうち来るようですが、ビザ申請にかかる期間を考慮し早めにリクエストしたほうがいいでしょう。尚、ご家族用にF2 Visaを申請する場合、本人用のI-20に加えて、ご家族の人数分のI-20を取得することが通例となっているようです。

家族があとから入国する分の I-20 は、裏面の ”Dependent spouse and children”の欄に家族(本人以外)の名前、生年月日、生まれた国、続柄がスローンによって記入されてなくてはなりませんので、確認しましょう。

I-20 は最初の入国だけでなく、スローン在学中にアメリカに入国する度に使用しますので、紛失しないよう注意して下さい。再入国の際にパスポートと一緒に提示します。


International Students Office


家族呼び寄せ用のI-20 は、留学生本人渡米後でも、ISO で所定の用紙を記入すれば1-2 日で発行してもらえます。あるいは、本人のI-20 にオフィスで裏書きをしてもらい、それを家族へ送る方法もありますが、あまりおすすめしません。なお、I-20を日本の家族に送る際には、FedEx やDHL を使うのが安全です。

サマースクールに参加する場合

【2004年4月現在】
原則として以下の手順を踏みます。

  1. サマースクールから I-20 取得 (MITからは取得不要)。このとき、米国移民局の “SEVIS” という留学生登録システムにデータが入力され、SEVIS ID が付与されます。SEVIS ID は、I-20 の右上にある二次元バーコードの上に印字されています。
  2. その I-20 を使用してF-1 ビザを取得し、渡米。
  3. サマースクールにて入学手続き。このとき、「上記の SEVIS ID を付与された学生がきちんとアメリカに入国し、入学手続きをした」ということが SEVIS に登録されます。この時点から、あなたの学生としての身柄はサマースクールによって Hold されます。
  4. サマースクール終了後、サマースクールの ISO が SEVIS システム上であなたの情報を Release します。この段階で初めて、MIT の学生として登録することが可能になります(これを「Transfer」手続きといいます)。
  5. MIT の ISO が開くインフォメーションセッションに出席します。
  6. MIT の ISO があなたの SEVIS ID を引き継ぎ、スローン在学中の2年間有効な新しい I-20 を発行してくれます。 この I-20 には、「3. This certificate is issued to the student named above for:」の欄に「Continued attendance at this school」と記載され、他校からの転入であることがわかるようになっています。

ただし、細かい規制が毎年のように変わるので、必ず在日米国大使館、MITおよびサマースクールの International Student Office に確認して下さい。


渡米前に、サマースクールと MIT の両方から I-20 が送られてくるケースがあるかもしれませんが、その場合も必ずサマースクールの方の I-20 を使ってビザを取得してください。どちらも「3. This certificate is issued to the student named above for:」の欄に「Initial attendance at this school」と記載されているため、先に入学するサマースクールの方を使わないと後々面倒なことになります。

裏書き

アメリカから出国する際には I-20 に裏書きしてもらう必要があります。ISO へ I-20 を持参すると1 週間程で裏書きしてもらえます(緊急ならその場でしてくれるそうです)。裏書きは一度してもらえば半年間どの国へ行っても有効です。休みの前などは混みあいますので余裕を持って必ず裏書きしてもらいましょう。

以前は裏書きがない I-20 を持っていなくても再入国は可能でしたが(但し、後日 ISO で面倒な手続をしなくてはならない)、2001 年9 月11 日のテロ事件以降外国人の入国審査が厳しくなっているようです。