Tang Center

Tang Center (E51) を写真でご紹介します。

Tang Center (E51) 外観

代替

Sloanの授業の半数程度がこの建物の中で行われます。その他にも、チームミーティング用の部屋やロビーなどがありますので、E62 新校舎竣工後も、引続き健在です。

Tang Center のサイン

代替

外壁に彫られています。比較的新しい建物だということがわかります。

Diebold Lounge

代替

半地下部分にあります。チームミーティングをしたり、ランチを食べたりと、皆が思い思いに使える共有スペースです。毎日10時にはここで無料のコーヒーがサービスされ、談笑する学生たちでにぎわいます。

Wong Auditorium

代替

セミナーなどのための講堂です。ゲストスピーカーを呼んだり、数クラス合同での授業を行うときに使います。

教室(大)

代替

もっともよく使われる教室です。Ocean全員(60名強)を収容することができます。

教室(中)

代替

30~40名程度を収容する中規模の教室です。Oceanを2等分して行われる15.280など、比較的人数の少ない授業に使われます。

教室(小)

代替

20名程度収容の小教室です。主に補講(Recitation)などに使用されます。

Team Meeting Room

代替

2階には、チームミーティング専用のこうした小部屋がいくつか用意されています。

3階のミーティングスペース

代替

大教室が並ぶ3階の廊下にあるスペースです。円卓でチームミーティングをしたり、ソファでくつろいだりする学生たちの姿を見ることができます。

階段

代替

授業と授業の合間には、教室間を移動する学生であふれかえります。