Sloan School of Management

Sloan School of Management は、MIT の5 番目の学部として1952年に発足しました。世界一の理工系大学の中にあるビジネススクールらしく、経営と技術の融合を目指したカリキュラムに特徴があります。

代替

ミッション

Sloan は、以下のミッションを掲げています。

The mission of the MIT Sloan School of Management is to develop principled, innovative leaders who improve the world and to generate ideas that advance management practice.

それを実現するための手段として謳っているのが以下の5項目です。

  • Offer premier programs for shaping leaders who will create, redefine, and build cutting-edge products, services, markets, and organizations
  • Collaborate across MIT to capitalize on and contribute to the Institute’s distinctive intellectual excellence and entrepreneurial culture
  • Attract, develop, and retain outstanding faculty and staff who lead the world in management education and research
  • Enroll students with integrity, strong leadership potential, high aspirations, and exceptional intellectual ability
  • Foster a cooperative and adventurous learning community that includes alumni and business partners, works on important problems, and is based on mutual respect, rigorous analysis, and high ethical standards

プログラム

2004年11月現在、Sloan School には以下の7種類のプログラムがあります。

プログラム名 説明
MBA 経営学修士号(Master of Business Administration)を目指す2年間の修士プログラム。本Webサイトは、このプログラムに関する情報提供を主目的として開設されました。
MIT Sloan Fellows Program in Innovation and Global Leadership (Sloan Fellows) 勤続10年以上の管理者向けの Executive MBA プログラムです。MBAコースと同じビジネス系の科目に加えて、リーダーシップとイノベーションに関するコースにも重点を置いた一年制プログラムです。
日本語による説明はこちらをご覧ください。
Leaders for Manufacturing (LFM) 工学部と Sloan School が共同運営する、二年制のDual Degree (MBA と Master of Science in Engineering) プログラムです。Manufacturing に主眼を置いています。
日本語による説明はこちらをご覧ください。
PhD 博士課程(4年間)です。
Undergraduate 学部課程(4年間)です。
System Design & Management LFMと同じく、工学部と Sloan School が共同運営するプログラムです。製品開発上発生する技術的な問題の解決にフォーカスしています。
Biomedical Enterprise Harvard-MIT Division of Health Sciences and Technology (HST) と Sloan School が共同運営する、医薬系の製品開発に特化したプログラムです。

代替
Management of Technology (MOT) プログラムは、Class of 2005 から上記の Sloan Fellows プログラムに統合されました。

歴史

年号 概要
1914 Department of Economics and Statistics の一コースとして発足
1925 Masters of Management Program (現在のMBA Program)設立
1930 Department of Business and Engineering Administration として独立
1931 大学による世界初の Executive Education プログラムである “Sloan Fellows” が、当時のGM会長 Alfred P. Sloan によって設立
1952 Sloan Foundationが出資し、 MIT School of Industrial Management となる
1959 Ph. D. Program in Managementを設置
1962 初めてコンピュータ(IBM 1620)を導入
1964 現在の Alfred P. Sloan School of Management という名称になる
1970 Fischer Black と Myron Scholes が Black-Scholes formula を提唱
1977 Stewart Myers 教授がCorporate Financeの分野を開拓
1988 Leaders for Manufacturing Program 立ち上げ
1990 MIT Entrepreneurship Center が発足
1990 MIT $10K Entrepreneurship Competition 誕生
(1996年にMIT $50K Competition となる)
2002 創立50周年記念式典開催

代替
オフィス棟 “Sloan Building”

主な卒業生

Sloanの卒業生は各方面で多彩な活躍をしています。ここではそのごく一部をご紹介します。なお、SF は Sloan Fellows、SM は Sloan Master(現在のMBA)を表しています。

  • Kofi Annan (国連事務総長, SF ’72)
  • Carleton (Carly) Fiorina (前HP President and CEO, SF ’89)
  • William Clay Ford, Jr. (Ford Chairman and CEO, SF ’84)
  • Judy Lewent (Merck Executive Vice President-CFO, SM ’72)
  • Benjamin Netanyahu (前イスラエル首相, SM ’76)
  • John Potter (アメリカ郵政公社総裁, SF, ’95)
  • John Reed (NYSE Chairman and CEO, SM, ’65)

  • 立川敬二 (前NTTドコモ社長, SF ’78)